リジェクトレコードの捕捉 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
出力側では、適切なテーブルのボタンをクリックして、出力オプションの設定に使用するパネルを表示すると、次のようなオプションが使用できます。

出力プロパティ

Catch Output Reject

True

False

このオプションをアクティブにすると、適切なエリアに定義したフィルターで、リジェクトされたレコードを捕捉することができます。

Catch Lookup Inner Join Reject

True

False

このオプションをアクティブにすると、入力フローで実行した内部結合操作で、リジェクトされたレコードを捕捉することができます。