ジョブレットでルーチン依存性を設定する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

ジョブにルーチン依存性を設定するのと同様の方法で、ジョブレットにルーチン依存性を設定して管理できます。

Talend Studio[Repository] (リポジトリ)ツリービューで、[Job Designs] (ジョブデザイン) > [Joblets] (ジョブレット)の順にクリックして[Joblets] (ジョブレット)ノードを展開します。

手順

  1. 既存のジョブレットを右クリックし、コンテキストメニューから[Setup routine dependencies] (ルーチン依存性の設定)を選択します。
  2. [Setup routine dependencies] (ルーチン依存性の設定)ダイアログボックスで[User routines] (ユーザールーチン)タブを選択し、[+]ボタンをクリックしてカスタマイズされたルーチンを追加します。
  3. [OK]をクリックして、選択を確定します。
  4. システムルーチンを追加するには、[System routines] (システムルーチン)タブを選択し、[+]ボタンをクリックしてシステムルーチンを追加します。
  5. [OK]をクリックして、選択を確定します。

タスクの結果

[User routines] (ユーザールーチン)タブまたは[System routines] (システムルーチン)タブの下にある[x]ボタンをクリックして、エクスポートされるルーチン依存関係で除外するルーチンを削除できます。この機能は、エクスポートされるルーチン依存性における冗長性を回避するために役立ちます。

ルーチンの管理方法の詳細は、ルーチンとはを参照してください。