標準化コンポーネントの使用 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

一部のデータ品質コンポーネントを使用すると、ユーザー定義のルールを使用してデータを正規化できます。コンポーネントの例はtStandardizeRowです。

一部のデータクオリティコンポーネントは、人が読める形式の住所を地理的な座標に変換することができます。たとえば、コンポーネントtGoogleAddressRow, tGoogleGeocoderなどです。

一部のデータクオリティコンポーネント、標準化可能なデータに対して同義語インデックスを作成できます。たとえば、コンポーネントtSynonymSearch and tSynonymOutputなどです。

標準化コンポーネントの詳細およびサンプルジョブについては、『Talendコンポーネントリファレンスガイド』のデータクオリティの章を参照して下さい。

注: データクオリティのデモプロジェクトにも、標準化コンポーネントを使用できる既製ジョブがあります。詳細は、データクオリティデモプロジェクトのインポートを参照して下さい。