[All Rows] (全ての行)オプションの使用 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

デフォルトでは、結合が設定されない状態で、[Map Editor] (マップエディター)の入力エリアの各入力テーブルでは、[All rows] (すべての行)の一致モデルオプションが選択されています。[All rows] (すべての行)オプションを使うと、すべての行がルックアップフローからロードされ、[Main] (メイン)フローに対して検索が実行されます。

出力は、両方のテーブルの直積に対応しています(必要に応じてテーブルは増やせます)。

注: 2つのテーブル間に明示的な結合または内部結合を作成した場合、[All rows] (すべての行)オプションは利用できなくなります。この場合、[Unique match] (完全一致)、[First match] (最初の一致)、または[All matches] (すべての一致)を選択する必要があります。詳細は、明示的Joinの使用および内部joinの使用を参照して下さい。