ローカルプロジェクトのインポート - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでは、以前のリリースのStudioで作成した1つ以上のプロジェクトをインポートできます。

注:

Talend 7.0以降、Talend Studioに保存されたときには各プロジェクトアイテムにデジタル署名が追加されます。プロジェクトまたはプロジェクトアイテムをインポートするときに、Talend Studioが署名を検証し、署名が無効なアイテムをリジェクトします。これは、プロジェクトアイテムが間違いや悪意で変更されるのを防ぐためのセキュリティ対策です。

ただし、Talend Studioの初回インストール後に90日の猶予期間が終了するか、または移行トークンに設定されている日付か、どちらか遅い方までに、Talend Studioの以前のバージョンからエクスポートされたプロジェクトまたはプロジェクトアイテムをインポートできます。正しくインポートされると、インポートされたすべてのアイテムが署名されます。

移行トークンの設定については、Talend Studioで移行トークンを設定するを参照して下さい。

1つのプロジェクトをインポートするには、次の手順に従います。

  1. Studioのログインウィンドウから[Import an existing project] (既存のプロジェクトをインポート)を選択し、[Select] (選択)をクリックして[Import] (インポート)ウィザードを開きます。

  2. [Import project as] (プロジェクトに名前を付けてインポート)ボタンをクリックし、新規プロジェクトの名前を[Project Name] (プロジェクト名)フィールドに入力します。

  3. インポート元のソースに応じて、[Select root directory] (ルートディレクトリの選択)または[Select archive file] (圧縮ファイルの選択)をクリックします。

  4. [Browse...] (参照...)をクリックして、特定のプロジェクトフォルダーからワークスペースディレクトリまたは圧縮ファイルを選択します。デフォルトで、選択可能なワークスペースは現在のリリースのものです。インポートするプロジェクトが含まれる、以前のリリースのワークスペースまたは圧縮ファイルに移動します。

  5. [Finish] (終了)をクリックして操作を確定し、ログインウィンドウに戻ります。

複数のプロジェクトを同時にインポートするには、次の手順に従います。

  1. Studioのログインウィンドウから[Import an existing project] (既存のプロジェクトをインポート)を選択し、[Select] (選択)をクリックして[Import] (インポート)ウィザードを開きます。

  2. [Import several projects] (複数のプロジェクトをインポート)をクリックします。

  3. インポート元のソースに応じて、[Select root directory] (ルートディレクトリに選択)または[Select archive file] (圧縮ファイルの選択)をクリックします。

  4. [Browse...] (参照...)をクリックして、特定のプロジェクトフォルダーからワークスペースディレクトリまたは圧縮ファイルを選択します。デフォルトで、選択可能なワークスペースは現在のリリースのものです。インポートするプロジェクトが含まれる、以前のリリースのワークスペースまたは圧縮ファイルに移動します。

  5. [Copy projects into workspace] (プロジェクトをワークスペースにコピー)チェックボックスをオンにし、インポートするプロジェクトを移動しないで、そのコピーを作成します。このオプションはルートディレクトリから複数のプロジェクトをインポートする場合にのみ使用できます。

    注: インポート元のTalend Studioワークスペースディレクトリから元のプロジェクトフォルダーを削除する場合は、このチェックボックスをオフにします。バックアップのために、このオプションを選択したままにしておくことを強く推奨します。
  6. 既存のプロジェクトが[Projects] (プロジェクト)リストに表示されないようにするには、[Hide projects that already exist in the workspace] (ワークスペース内の既存のプロジェクトを非表示にする)チェックボックスをオンにします。 このオプションは複数のプロジェクトをインポートする場合にのみ使用できます。

  7. [Projects] (プロジェクト)リストでインポートするプロジェクトを選択し、[Finish] (終了)をクリックして操作を有効にします。

    注: インポートするプロジェクトの名前がリモートプロジェクトで既に使用されていないことを確認します。これを怠ると、ローカルプロジェクトとリモートプロジェクトを2つの異なるワークスペースディレクトリに保存しない限り、プロジェクトをインポートする際にエラーメッセージが表示されます。

プロジェクトが正しくインポートされると、インポートされたプロジェクトの名前がログインウィンドウの[Project] (プロジェクト)リストに表示されます。

これで、インポートしたプロジェクトを選択して、Talend Studioで開くことができます。[Finish] (終了)をクリックして、Studioを起動します。

注: アプリケーションを起動すると、生成初期化ウィンドウが開く場合があります。初期化が完了するまで待ちます。