エレメントを1つのドキュメントに出力する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

常に出力エレメントを分類し、出力XMLフローを分割する集約エレメントを使用していない場合、tXMLMapエディターで[All in one] (オールインワン)機能を使用して、XMLフローを単一のフローとして出力するか、あるいは個別のフローとして出力するか決定することができます。

[Map editor] (マップエディター)の出力側で、次の手順に従います。

手順

  1. ペンチのアイコンをクリックして、マップ設定パネルを開きます。次の図に例を示します。
  2. [All in one] (オールインワン)フィールドをクリックして、ドロップダウンリストから[true] (真)または[false] (偽)を選択して、出力XMLフローを単一のフローにするかどうかを指定します。
    • [true] (真)を選択すると、XMLデータはすべて単一のフローで出力されます。この例では、単一フローは次のようになります。

      このフローの構造は次のようになります。

    • [false] (偽)を選択すると、データは個別のフローで出力され、それぞれのループが1つのフローになり、グループ化や集約は行われません。この例のフローは次のようになります。

      各フローには、1つの完全なXML構造が含まれます。最初のフローを例にとると、その構造は次のようになります。

タスクの結果

注:

[All in one] (オールインワン)機能は、集約エレメントを使用していると無効になります。集約エレメントの詳細は、出力データの集約を参照して下さい。