データベース接続のテーブルとビューをフィルタリングする - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

データベース接続の下に表示されるテーブルとビューにフィルターを適用できます。

Studioが接続しているデータベースのテーブルの数が非常に多い場合に、このオプションは大変便利です。その場合、メッセージが表示され、データベース接続のテーブルにフィルターを設定するよう指示されます。それを行うと、[DQ Repository] (DQ リポジトリ)ツリービューには定義されたテーブルのみが表示されます。

前提条件: StudioのProfilingパースペクティブでデータベース接続が既に作成されていること。詳細は、データベースへの接続を参照して下さい。

データベース接続のテーブルとビューにフィルターを適用するには、次の手順に従います。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [DB Connections] (DB接続)の順に展開します。
  2. フィルターを適用するテーブルとビューが属するデータベース接続を展開し、希望するカタログまたはスキーマを右クリックします。
  3. リストから[Table/View Filter] (テーブル/ビューフィルター)を選択し、該当するダイアログボックスを表示します。
  4. 該当するフィールドでテーブルとビューのフィルターを設定し、[Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

設定したフィルターに一致するテーブルとビューのみが[DQ Repository] (DQ リポジトリ) ツリービューに表示されます。