ユーザー定義インジケーターの編集 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

任意のシステムまたはユーザー定義インジケーターのエディターを開いてその設定を確認し、定義とメタデータを編集して、必要に応じて特定のタイプのデータベースやニーズに合わせることができます。

前提条件: Studioの Profiling パースペクティブで少なくとも1つのユーザー定義インジケーターが作成されていること。

ユーザー定義インジケーターの定義を編集するには、以下のようにします:

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [Indicators] (インジケーター) > [User Defined Indicators] (ユーザー定義インジケーター)の順に展開し、インジケーターのリストから定義を編集するインジケーターを見つけます。
  2. インジケーターの名前を右クリックし、コンテキストメニューから[Open] (開く)を選択します。
    インジケーターエディターが開き、選択されたインジケーターの設定が表示されます。
  3. 必要に応じてインジケーターのメタデータを編集します。
  4. [Indicator Category] (インジケーターカテゴリ)をクリックしてビューを開き、リストからインジケーターカテゴリを選択します。
    以下の表では、さまざまなカテゴリを説明しています。

    インジケーターカテゴリ

    説明

    [User Defined Match] (ユーザー定義一致)(デフォルトのカテゴリ)

    ユーザー定義インジケーターを使用して、正規表現またはSQLパターンに一致するデータレコードの数を評価します。分析結果では一致するレコード数とレコードの合計数が示されます。

    [User Defined Frequency] (ユーザー定義の頻度)

    個別のデータレコードにユーザー定義インジケーターを使用し、正規表現またはSQLパターンに一致するデータレコードの頻度を評価します。分析結果では個別のカウントのラベルとラベルに関連するカウントが示されます。

    [User Defined Real Value] (ユーザー定義実数)

    実数を返してデータの実関数を評価するユーザー定義インジケーターを使用します。

    [User Defined Count] (ユーザー定義のカウント)

    行カウントを返すユーザー定義インジケーターを使用します。

    インジケーターカテゴリを変更する場合、既存のインジケーターの定義を保持することも、Javaの定義を除く全てのデータベースのインジケーター定義を削除することもできます。
  5. [Indicator Definition] (インジケーター定義)をクリックしてビューを開きます。[+]ボタンを使用して1つ以上のデータベースのインジケーター定義を設定します。
    インジケーターが全てのデータベースで利用できるほどシンプルなものである場合は、リストでDefaultを選択します。
  6. [Indicator Parameter] (インジケーターパラメーター)をクリックし、必要に応じてインジケーターパラメーターを編集します。
  7. 新しいデフォルトパラメーターを追加するには、テーブルの下にある[+]ボタンをクリックし、行をクリックしてパラメーターキーと値を定義します。
  8. エディターの上部にある保存アイコンをクリックして変更を保存します。

タスクの結果

警告: インジケーターを編集する際、編集されたインジケーターを使用する可能性のある全ての分析に対して、その変更が適切であることを確認して下さい。