ファイルスキーマの取得 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. [Retrieve Schema] (スキーマの取得)をクリックすると新しいウィザードが表示されます。ここで、HDFSのさまざまなオブジェクト(Avroファイルなど)を表示するか、フィルターをかけることができます。
  2. ファイルを検索するには、[Name filter] (名前フィルター)フィールドにファイルの名前を入力します。
    また、このウィザードにリストされているフォルダーのチェックボックスを選択して展開し、スキーマを取得するファイルを直接選択することもできます。
    選択したファイルからスキーマを取得するごとに、そのファイルの[Creation status] (作成ステータス)が[Success] (成功)に変わります。
  3. [Next] (次へ)をクリックしてウィザードで新しいビューを開きます。このビューには、選択したファイルスキーマがリストされます。[Schema] (スキーマ)エリアでスキーマを選択すると、その詳細が表示されます。
  4. 必要に応じて、選択したスキーマを変更します。[Schema] (スキーマ)エリアでは、必要に応じてスキーマの名前を変更したり、スキーマの構造をカスタマイズすることができます。
    ツールバーを使って、スキーマにカラムを追加したり、削除や移動を行うこともできます。
    デフォルトのスキーマを使って、選択したスキーマへの変更を上書きする場合は、[Retrieve schema] (スキーマの取得)をクリックします。上書きすると、カスタマイズした編集はすべて失われます。
  5. HDFSファイルスキーマの作成を完了するには、[Finish] (終了)をクリックします。取得したスキーマは全て[Repository] (リポジトリ)ビューの関連するHDFS接続ノードの下に表示されます。
    その後もスキーマを編集する必要がある場合は、[Repository] (リポジトリ)ビューで関連するHDFS接続ノードの下からスキーマを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマの編集)を選択してもう一度このウィザードを開いて変更を行います。
    注:

    スキーマを変更した場合は、[Type] (タイプ)カラムのデータ型が正しく定義されていることを確認して下さい。