データベースオブジェクトのフィルタリング - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

[Select Filter Conditions] (フィルター条件の選択)エリアでは、[Use the Name Filter] (名前フィルターの使用)または[Use the Sql Filter] (SQLフィルターの使用)オプションを使用し、それぞれオブジェクト名またはSQLクエリを使用してテーブルをフィルタリングできます。

データベーステーブルを名前に基づいてフィルタリングする

手順

  1. [Select Filter Conditions] (フィルター条件の選択)エリアで[Use the Name Filter] (名前フィルターの使用)オプションを選択します。
  2. [Select Types] (タイプの選択)エリアで、フィルターまたは表示するデータベースオブジェクトのチェックボックスをオンにします。
    注:

    選択されたデータベースによって利用できるオプションは異なります。

  3. [Set the Name Filter] (名前フィルターの設定)エリアで[Edit...] (編集)をクリックし、[Edit Filter Name] (フィルター名の編集)ダイアログボックスを開きます。
  4. 使用するフィルターをダイアログボックスに入力します。たとえば、"A"で始まる名前のデータベースオブジェクトを取り出すには、A%というフィルターを入力します、また"type"で終わる名前のデータベースオブジェクトすべてを取り出すには、フィルターに%typeと入力します。
  5. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  6. [Next] (次へ)をクリックすると、ウィザードで新しいビューが開き、フィルタリングされたデータベースオブジェクトが表示されます。

SQLクエリを使用してデータベースオブジェクトをフィルタリングする

手順

  1. [Select Filter Conditions] (フィルター条件の選択)エリアで[Use Sql Filter] (SQLフィルターの使用)オプションを選択します。
  2. [Set the Sql Filter] (SQLフィルターの設定)フィールドに、データベースオブジェクトのフィルタリングに使用するSQLクエリを入力します。
  3. [Next] (次へ)をクリックすると、新しいビューが開き、フィルタリングされたデータベースオブジェクトが表示されます。