BRMS (Drools Guvnor)メタデータの一元管理 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでは、Drools Guvnorリポジトリライブラリへの接続の詳細を[Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)の下に保存できます。BRMS接続ウィザードを使うと、手順に従って接続を進め、ビジネスルールのライブラリを参照することができます。このビジネスルールは接続メタデータとともに保存され、ジョブで簡単に使用できるフォーム形式に変換されます。

[Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Metadata] (メタデータ) > [Rules Management] (ルール管理) > [BRMS]ノードの下に、新しいBRMS接続がスキーマとともに追加されます。

[Repository] (リポジトリ)で定義したメタデータは、デザインワークスペースにドロップして新規tBRMSコンポーネントとして使用できます。すべての接続パラメーターは自動的に設定されます。ジョブで一元管理されるメタデータの使用方法についての詳細は、一元管理されたメタデータをジョブ内で使用するおよびジョブ内にリポジトリスキーマを設定するを参照して下さい。

BRMS接続を変更するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューで接続を右クリックし、[Edit BRMS] (BRMSの編集)を選択して、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

スキーマを編集するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューでスキーマを右クリックし、コンテキストメニューで[Edit Schema] (スキーマの編集)を選択します。