Talend Administration Centerの設定を復旧する - 7.1

Talend Data Services Platform マイグレーションガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. WebブラウザーのアドレスバーにTalend Administration Center URLを入力して、Loginページを開きます。http://<IPAddress>:<Port>/<TalendAdministrationCenterWebApplicationName>/
    .warをデプロイしたときに名前を変更した場合、<TalendAdministrationCenterApplicationName>が、org.talend.administratorの名前です。
    サンプル: http://10.42.10.56:8080/MyTAC/
  2. [Login] (ログイン)ページで、[Go to db config page] (DBの設定ページに移動)リンクをクリックします。
    [Login] (ログイン)ページで、[Go to db config page] (DBの設定ページに移動)リンクが非表示の場合、configuration.propertiesファイルで有効にする必要があります。
  3. ページをロック解除するために、パスワードを入力するよう指示されます。アップグレード後、Talend Administration Centerパスワードは最初のeメールに製品ライセンスとともに含まれていた初期パスワードにリセットされます。通常、デフォルトのパスワードはadminです。
  4. [Database Configuration] (データベース設定)ページで、[Import parameters] (パラメーターのインポート)ボタンをクリックします。
  5. [Parameters Import] (パラメーターのインポート)ダイアログボックスで、[Browse] (参照)をクリックしてadministrator_config.txtファイルまで移動します。このファイルには、Talend Administration Centerからエクスポートされたパラメーターが含まれています。次に、[Upload] (アップロード)ボタンをクリックします。

タスクの結果

これで設定内容が移行されました。