Neo4jメタデータの一元管理 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Neo4jデータベースのデータを頻繁に処理する場合、Neo4jデータベースへの接続とスキーマの詳細を[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)フォルダーで一元管理することができます。

Neo4jリモートサーバーのみサポートされています。

V3.2.Xを使用している場合は、tNeo4jInputとtNeo4jRowのみ接続を再利用できます

2.X.Xバージョンと3.X.Xバージョンを同じジョブで使用しないで下さい。使用するとクラスコンフリクトの問題が発生します。

Neo4jメタデータのセットアップ手順は、以下の密接に関連しているものの別個の2種類のタスクで構成されます。

  1. Neo4jデータベースへの接続の作成。

  2. 目的のNeo4jスキーマの取得。

前提条件:

  • ライセンスの制限によりTalend Studioに存在しない必要なすべての外部モジュールがインストールされていること。詳細は、 Talendインストレーションおよびアップグレードガイドを参照して下さい。

  • Neo4jのデータの読み込みに使用するCypherクエリに精通していること。

  • Neo4jサーバーが稼動していること。