レポート設定の定義 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend DQポータルTalend 7.1以降、非推奨となっています。Data Qualityデータマートを自身のレポートツールに接続することはできません。

手順

  1. 出力レポートファイルを生成せず、分析結果をデータマート内に保存することだけが目的であれば、[Generated Report Settings] (生成レポートの設定)ビューで、[Generate output file] (出力ファイルの生成)Talend DQポータルチェックボックスをオフにします。
    オンにしておけば、分析結果をポータルデータマートに保存するだけでなく、レポートの実行時に出力レポートファイルを生成することができます。
  2. [Output Folder] (出力フォルダー)の横の[...] ボタンをクリックして、生成されたレポートのコピーを保存するフォルダーを参照します。
    注: このフィールドで定義されたフォルダーには、現在のレポートのみが保存されます。ただし、Studioの Profiling パースペクティブから生成するすべてのレポートを保存する、デフォルトフォルダーを定義することもできます。詳細は、特定の分析のレポートの作成を参照して下さい。
    このフィールドに出力レポートフォルダーを定義すると、生成したレポートドキュメントはこのフォルダーに保存されますが、共有リポジトリーをホストするSVNまたはGitサーバーではコミットされません。
    SVNまたはGitサーバーでレポートドキュメントをコミットし、同じリモートプロジェクトにアクセスする他のチームメンバと共有するには、[Output Folder] (出力フォルダー)フィールドを空のままにします。
  3. [Output File Name] (出力ファイル名)フィールドに、生成されるレポートの名前を入力します。
  4. [File Type] (ファイルタイプ)リストから生成されるレポートのタイプを選択します。
  5. レポートの実行時に毎回出力レポートファイルを上書きしたい場合は、[with timestamp] (タイムスタンプ付き)チェックボックスをオフにします。オンにしておけば、レポートの実行時に毎回新しい出力ファイルが生成されます。
  6. 分析を実行する日付範囲を入力します。
  7. 対応するフィールドで、レポートレイアウトにお好みの設定を定義して、レポートファイルにロゴを追加する場合はそれを参照します。