tMap操作 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

tMapでは次の操作が可能です。

  • データの多重化および逆多重化

  • あらゆるタイプのフィールドのデータ変換

  • フィールドの連結と交換

  • 制約を利用したフィールドのフィルター処理

  • データのリジェクト

これらの変換やルーティング操作はすべてtMapによって実行されるため、このコンポーネントをジョブデザインの開始コンポーネントや終了コンポーネントにすることはできません。

tMapでは受信接続を利用して、[Map Editor] (マップエディター)の入力スキーマにデータが事前入力されます。そのため、[Map Editor] (マップエディター)で新しい入力スキーマを直接作成することはできません。その代わり、tMapコンポーネントの受信側の[Row] (行)接続を、必要に応じて実装することで、必要な分の入力スキーマを作成します。

同様に、必要に応じて送信側の行接続を作成します。ただし、出力側については、便利なグラフィカルエディターを使って[Map Editor] (マップエディター)にコンテンツを直接入力することができます。

[Main] (メイン)の受信側の行は1つに限定されます。その他全ての受信行は、ルックアップタイプとなります。関連項目: [Row] (行)接続

ルックアップ行は、二次(または参照)データフローからの受信接続となります。参照データは、プライマリフローと直接的または間接的に依存性にある場合があります。この依存性はGUIでのマッピングや式キーを作成して定義します。

[Map Editor] (マップエディター)は、入力フローおよび出力フローを[Map Editor] (マップエディター)内で定義できるように、ジョブ内で接続が実装される必要があります。tMapコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューの[Preview] (プレビュー)エリアに[Map Editor] (マップエディター)を表示するために、ジョブ内に実際のマッピングを作成する必要もあります。

[Map Editor] (マップエディター)を新規ウィンドウで開くには、デザインワークスペースのtMapアイコンをダブルクリックするか、またはtMapコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューの[Map Editor] (マップエディター)の横の[...]ボタンをクリックします。

次のセクションでは、ジョブデザインの中でtMapコンポーネントを使用するために必要な情報について説明しています。