行ごとの監視 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでは、データ処理を行ごとに監視できます。

注:

tMapエディタの内部からも同じようにデータ処理を監視できます。詳細は、データのプレビューを参照して下さい。

手順

  • ジョブのデータ処理を行ごとに手動で監視する場合、[Next Row] (次の行)ボタンをクリックすることで、処理された行をデザインワークスペースの該当リンクの下に表示できます。
  • 前の行に戻るには[Previous Row] (前の行)ボタンをクリックします。5行前まで戻ることができます。
  • 何らかの理由で進行中のジョブを停止する場合は[Kill] (強制終了)ボタンをクリックします。ジョブを最後まで実行する場合は[Basic Run] (基本実行)ボタンをクリックします。
  • デザインワークスペースに表示されている監視情報をクリアするには、[Debug Run] (デバッグ実行)タブで[Clear] (クリア)ボタンをクリックします。