JRXMLテンプレートのパスを変更する - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

テンプレートを、[JRXML Template] (JRXMLテンプレート)の下のあるフォルダーから別のフォルダーに移動することができます。このテンプレートがレポートファイルの生成に使用されている場合、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ではレポートエディターのテンプレートパスが新しいパスに自動的に更新されます。

前提条件: Studioの Profiling パースペクティブで、少なくとも1つのJRXMLテンプレートがインポートまたは作成されていること。

JRXMLテンプレートを特定のフォルダーに移動するには、以下のようにします:

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [JRXML Template] (JRXMLテンプレート)の順に展開します。
  2. テンプレートを移動元のフォルダーから別のフォルダーにドラッグアンドドロップします。
    このテンプレートがレポートファイルの生成に使用されている場合、レポートエディターではそれに応じてテンプレートバスが更新されます。
    注: レポートファイルを生成しようとしたときに、JRXMLテンプレートにアクセスできない、あるいはJRXMLテンプレートが存在しないという警告メッセージが表示される場合は、レポートエディターで名前を変更したフォルダーまたはテンプレートを参照してレポートを再生成します。