一元管理されたメタデータをジョブ内で使用する - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

さまざまなジョブでファイルやデータベース接続を反復使用できるよう、[Metadata] (メタデータ)ノードの下にある[Repository] (リポジトリ)ツリービューに接続とスキーマのメタデータを格納することをお勧めします。データベース、ファイル、システムへの接続を始め、確立された接続が[Metadata] (メタデータ)ノードの下にある各種フォルダーにグループ化されます。

[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続やスキーマを一元化する場合は、さまざまなウィザードを利用できます。[Metadata Manager] (メタデータマネージャ)ウィザードの詳細は、データベースメタデータの一元管理を参照して下さい。

メタデータが[Metadata] (メタデータ)ノードの下に保管されたら、該当するコンポーネントをデザインワークスペースに直接ドロップできます。

手順

  1. Integrationパースペクティブの[Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、ジョブで使用する接続が含まれているフォルダーを参照します。
  2. 該当する接続やスキーマをデザインワークスペースにドロップします。
    ダイアログボックスが表示され、表示されるコンポーネントの中から使用するものを選択します。
  3. コンポーネントを選択し、[OK]をクリックします。選択されたコンポーネントがデザインワークスペースに表示されます。

タスクの結果

また、使用するコンポーネントのタイプ(入力または出力)に基づいて、次のいずれかのオペレーションを実行します。

  • 出力: コンポーネントをデザインワークスペースにドロップしている時にキーボードでCtrlを押せば、そのコンポーネントをアクティブなジョブに直接含めることができます。

  • 入力: コンポーネントをデザインワークスペースにドロップする時にキーボードでAltを押せば、そのコンポーネントをアクティブなジョブに直接含めることができます。

コンポーネントをダブルクリックすると、選択された接続の詳細とスキーマ情報が[Component] (コンポーネント)ビューに表示されます。

注:

スキーマを選択せずに接続を選択すると、最初に見つかったスキーマがプロパティに入力されます。