ジェネリックスキーマとしてのコンポーネントスキーマの保存 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

コンポーネントに定義済みのスキーマを保存することでジェネリックスキーマを作成できます。これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. 作成するジェネリックスキーマの基となるスキーマをもつコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、[Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  2. フロッピーディスクアイコンをクリックし、[Select folder] (フォルダーの選択)ダイアログボックスを開きます。
  3. 必要に応じてフォルダーを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、[Save as generic schema] (ジェネリックスキーマとして保存)作成ウィザードを開きます。
  4. [Name] (名前)フィールド(必須)を入力し、必要に応じて他のフィールドも入力します。[Finish] (終了)をクリックしてスキーマを保存します。コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューから開いた[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを閉じます。
    [Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Generic schemas] (ジェネリックスキーマ)ノードの下の選択されたフォルダーにスキーマが保存されます。