ユーザーコンポーネントフォルダーを定義する方法(Talend > Components) - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

カスタムコンポーネントのビルドに新しいフレームワークが利用できます。新しいフレームワークは、このバージョン以降では使用が必須となっています。../../../development/design_components/ja/c-create_tcomp_component.htmlを参照してください。このドキュメントは、 Talend Exchangeからダウンロードされたコンポーネントに対しても適用されます。

Talend Studio Integration パースペクティブで使用するカスタムコンポーネントをダウンロードしてインストールできます。

Talend Exchangeからのコンポーネントのダウンロードとインストールの詳細は、カスタムコンポーネントをインストールおよび更新する方法 を参照して下さい。

次のプロシージャは外部コンポーネントにのみ該当します。すべてのコンポーネントの環境設定は、特定のコンポーネントの設定を変更する方法(Talend > Components)を参照してください。

ユーザーコンポーネントフォルダーには、自分で作成したコンポーネントまたは Talend Exchangeからダウンロードしたコンポーネントが含まれます。コンポーネントフォルダーを定義するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスのツリービューで、 Talend ノードを展開し、[Components] (コンポーネント)を選択します。
  2. [User component folder] (ユーザーコンポーネントフォルダー)に、Studioの[Palette](パレット)に追加するカスタムコンポーネントを含むフォルダーへのパスを入力するか、参照して探します。
    Studioの[Palette](パレット)にインポートするには、カスタムコンポーネントは、自分で定義したコンポーネントフォルダーのルートにある別のフォルダーに保存されていなければなりません。
  3. [Apply] (適用)をクリックして、[OK]をクリックし、環境設定を有効にしてダイアログボックスを閉じます。
    Studioが再起動し、外部コンポーネントが[Palette] (パレット)に追加されます。

タスクの結果

この設定はワークスペースのメタデータに保存されます。Talend Studioのワークスペースが変更になると、この設定をもう一度行う必要があります。