JSONファイルのスキーマを完了する - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

ウィザードの最後の手順では、生成されたエンドスキーマが表示され、スキーマを必要に応じてカスタマイズできます。

手順

  1. 必要に応じて、スキーマの名前(デフォルトはmetadata)を変更し、コメントを入力します。
    必要に応じてツールバーを使ってスキーマカラムを追加、削除、移動する、スキーマをXMLファイルにエクスポートする、スキーマ定義XMLファイルをインポートしてスキーマを置き換える、などスキーマをカスタマイズします。
    [Type] (タイプ)カラムのデータ型が正しく定義されていることを確認します。
    日付パターンを含むJavaデータ型の詳細は、「Java API Specification」を参照してください。
    以下は、一般的に使用されているTalendデータ型です。
    • オブジェクト: 内容に関係なくデータの処理を可能にするジェネリックのTalendデータ型です。たとえば、他の方法ではサポートされないデータファイルも、オブジェクトのデータ型を持つと指定することにより、tFileInputRawコンポーネントによって処理できます。

    • リスト: xsd:リストエレメントを使用して定義したXMLスキーマ定義におけるプリミティブな型エレメントの、スペースで区切られたリスト。

    • ダイナミック: ‘Column<X>’と名付けられたVARCHAR(100)カラムか、または入力にヘッダーが含まれる場合はヘッダーに表示されるカラム名から名付けられた名前で、フィールドを処理することを許可するよう、スキーマ末尾の単一のカラムに設定できるデータ型。詳細は、ダイナミックスキーマを参照して下さい。

    • ドキュメント: 内容に関係なく、XMLドキュメント全体の処理を許可するデータ型。

  2. スキーマの基になるJSONファイルが変更されたら、[Guess] (推測)ボタンをクリックして、スキーマを再度生成します。スキーマをカスタマイズしている場合、[Guess](推測)をクリックすると変更が失われることに注意して下さい。
  3. [Finish] (終了)をクリックします。[Repository] (リポジトリ)ツリービューの該当する[File JSON] (JSONファイル)メタデータの下に新規ファイル接続とそのスキーマが表示されます。