システムインジケーターの編集 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

システムインジケーターは定義済みのインジケーターですが、エディターで開いてその設定と定義を確認したり、編集したりすることができ、システムインジケーターを特定のデータベースバージョンや特定の必要に適合させることなどが可能です。ただし、システムインジケーターの名前を変更することはできません。

注: インジケーターを編集すると[DQ Repository] (DQ リポジトリー)ツリービューにリストされたインジケーターが変更されます。編集されたインジケーターを使用する可能性のあるすべての分析に対して、その変更が適切であることを確認してください。

始める前に

Talend StudioProfilingパースペクティブを選択していること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリ) > [Indicators] (インジケーター)の順に展開し、インジケーターのリストから編集するインジケーターを見つけます。
  2. インジケーターの名前を右クリックし、コンテキストメニューから[Open] (開く)を選択します。

    インジケーターエディターが開き、選択されたインジケーターのパラメーターが表示されます。

  3. インジケーターのメタデータを編集します。
    システムインジケーターの任意のメタデータフィールドを編集することができますが、インジケーターの名前は編集できません。
  4. [Indicator Definition] (インジケーター定義)をクリックします。
    このビューでは、インジケーター定義の編集や選択されたデータベースの変更を行ったり、エディターの下にある[+]ボタンを使って利用可能なデータベース専用の他のインジケーターを追加したりすることができます。
  5. エディターの上部にある保存アイコンをクリックして変更を保存します。
    インジケーターが全てのデータベースで利用できるほどシンプルなものである場合は、データベースリストで[Default] (デフォルト)を選択します。