ファイルへの接続 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

始める前に

区切り記号付きファイルのデータ分析を行う前に、このファイルへの接続を設定する必要があります。

Talend StudioProfilingパースペクティブを選択していること。

手順

  1. [Metadata] (メタデータ)フォルダーを展開します。
  2. [FileDelimited connections] (区切り記号付きファイル接続)を右クリックし、[Create File Delimited Connection] (区切り記号付きファイル接続を作成)を選択して、[New Delimited File] (新規の区切り記号付きファイル)ウィザードを開きます。
  3. ウィザードで説明される手順に従って、区切り記号付きファイルへの接続を作成します。
    次に、カラム分析を作成し、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの区切り記号付きファイルのメタデータから、開いている分析エディターに分析するカラムをドロップできます。詳細は、ファイルに対する基本的なカラム分析の作成を参照して下さい。
    データベースへの接続を設定する方法の詳細は、データベースへの接続を参照してください。

タスクの結果

区切り記号付きファイルの接続は、 Profiling パースペクティブまたは Integration パースペクティブのどちらからでも作成できます。接続を作成すると、この接続は常に両方のパースペクティブに表示されます。

接続はコンテキストとしてエクスポートし、Talend Studio Integration パースペクティブの[Contexts] (コンテキスト)ノードの下で一元管理できます。これにより、現在の接続を使用するデータクオリティ分析でこのコンテキストを再利用できます。同じ接続に異なるコンテキストパラメーターを作成し、後で特定のコンテキストで分析を実行するように選択することもできます。詳細は、コンテキスト変数を使用したデータソースへの接続を参照して下さい。