ユーザールーチンライブラリーの編集 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

選択したルーチンに外部,jarファイルをインポートすることで、ユーザールーチンのライブラリーを編集できます。これらの外部ライブラリーファイルは、モジュールと同様に、現在のStudioの[Modules] (モジュール)ビューにリストされます。[Modules] (モジュール)ビューの詳細は、『Talendインストレーションガイド』を参照して下さい。

インポートされたライブラリーの.jarファイルは、現在のStudioのライブラリーファイルにもリストされます。

ユーザールーチンライブラリーを編集するには、以下のようにします:

手順

  1. インポートするライブラリがお使いのマシンにない場合は、[Modules] (モジュール)ビューを使用してダウンロードし、インストールするか、ダウンロードしてローカルディレクトリに保存します。
  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Code] (コード) > [Routines] (ルーチン)を展開します。
  3. ライブラリを編集するユーザールーチンを右クリックし、[Edit Routine Library] (ルーチンライブラリの編集)を選択します。
    [Import External Library] (外部ライブラリのインポート)ダイアログボックスが表示されます。
  4. [New] (新規)をクリックし、[New Module] (新規モジュール)ダイアログボックスを開きます。ここから外部ライブラリをインポートできます。
    注: [Library File] (ライブラリファイル)リストでファイルを選択して[Remove] (削除)ボタンをクリックすると、インポート済みのルーチンファイルを削除できます。
  5. インポートするライブラリーファイルを指定します。
    • [Modules] (モジュール)ビューを使用してライブラリーをインストールした場合は、[Input a library's name] (ライブラリーの名前の入力)フィールドにライブラリーファイルのフルネームを入力します。

    • ライブラリーファイルをローカルディレクトリーに保存した場合は、[Browse a library file] (ライブラリーファイルの参照)オプションを選択し、[Browse] (参照)をクリックして、対応するフィールドにファイルパスを設定します。

  6. 必要に応じて、[Description] (説明)フィールドに説明を入力します。
  7. [OK]をクリックして変更を確定します。
    インポートされたライブラリファイルは、[Import External Library] (外部ライブラリのインポート)ダイアログボックスの[Library File] (ライブラリファイル)リストに一覧表示されます。
  8. [Finish] (終了)をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
    ライブラリーファイルは現在のStudioのライブラリーフォルダーにインポートされ、同じStudioの[Module] (モジュール)ビューにもリストされます。外部ライブラリーを有効にするには、Studioの再起動が必要な場合があります。
    [Modules] (モジュール)ビューの詳細は、『Talendインストレーションガイド』を参照して下さい。