固定長ファイルの解析パラメーターを定義する - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

このビューではファイルのさまざまな設定を定義できるため、ファイルスキーマが適切に取得できるようになります。

この段階でプレビューに表示されるのは、マーカー位置に設定されたファイルカラムです。

手順

  1. [File Settings] (ファイル設定)エリアで、フィールドと行の区切りを設定します。
    • 必要に応じて、[Field Separator] (フィールド区切り)フィールドの数値を変更して、カラムの長さを正確に指定します。

    • ファイルの行区切りが標準のEOL (行末)ではない場合、[Row Separator] (行区切り)リストから[Custom String] (ユーザー定義文字列)を選択し、[Corresponding Character] (対応する文字)フィールドで文字列を指定します。

  2. データの内容から除外するヘッダー行がファイルにある場合、[Rows To Skip] (スキップする行)エリアの[Header] (ヘッダー)チェックボックスをオンにし、対応するフィールドで無視する行数を定義します。また、ファイルにフッター情報が含まれていることがわかっていれば、[Footer] (フッター)チェックボックスをオンにして、無視するフッター行の数を設定します。
  3. [Limit of Rows] (行数の制限)エリアでは、解析されるファイルの拡張を制限できます。必要に応じて、[Limit] (制限)チェックボックスをオンにし、希望する行数を設定または選択します。
  4. ファイルにカラムラベルが含まれる場合は、[Set heading row as column names] (最初の行をカラム名として設定)チェックボックスをオンにし、最初に解析された行をスキーマカラムのラベルにします。スキップするヘッダー行の数は1つずつ増えます。
  5. [Preview] (プレビュー)パネルの[Refresh Preview] (プレビューの更新)をクリックして設定を有効にし、ビューワーで結果を確認します。
  6. [Next] (次へ)をクリックして、次のビューに進み、生成されたファイルスキーマの確認とカスタマイズを行います。