一般的なプロパティの定義 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. 接続セットアップウィザードの[Name] (名前)フィールドに、接続の名前を入力します。この名前は、[Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードの下にデータベース接続名として表示されます。
  2. 必要に応じて、オプションの[Purpose] (目的)および[Description] (説明)フィールドを入力します。[Description] (説明)フィールドに入力した情報は、接続にマウスのポインターを移動すると、ツールヒントとして表示されます。
  3. 必要に応じて、接続の[Version] (バージョン)フィールドおよび[Status] (ステータス)フィールドを設定します。リポジトリーアイテムのバージョンとステータスは、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスでも管理することができます。詳細は、バージョン管理およびステータス管理を参照して下さい。
  4. 必要に応じて、[Path] (パス)フィールドの横の[Select] (選択)ボタンをクリックし、新しく作成したデータベース接続を格納するフォルダーを[Db connections] (DB接続)ノードの中から選択します。既存のデータベース接続を編集している場合は、フォルダーの選択はできません。ただし、接続はいつでも新しいフォルダーにドラッグ&ドロップできます。
  5. 完了したら、[Next] (次へ)をクリックします。2番目の手順ではデータベース接続データを入力または編集する必要があります。