パレットから最初のコンポーネントをドロップする - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

この例の最初のコンポーネントは[Palette] (パレット)から追加します。このコンポーネントでは、ジョブで実行される最初のタスクを定義します。この例では、最初にテキストファイルを読み取りたいので、tFileInputDelimitedコンポーネントを使用します。

[Palette] (パレット)からコンポーネントをドロップするには、次の手順に従います。

手順

  1. [Palette] (パレット)の検索フィールドに検索キーワードを入力し、[Enter]を押して検索を確定します。
    キーワードには、コンポーネントの名前の一部またはフルネームが使用できます。あるいは、名前が不明な場合は、tfileinputdefileinput、またはread file row by row(ファイルを行ごとに読み取る)のように、その機能を説明する語句でも構いません。[Palette] (パレット)では、コンポーネントが存在するファミリーのみにフィルタリングされます。Studioに[Palette] (パレット)ビューが見つからない場合は、パレットのレイアウトと設定の変更を参照して下さい。
    注:

    ファジー検索のキーワードに説明的な語句を使用する場合は、[Preferences] (環境設定)> [Palette Settings] (パレット設定)ビューで、[Also search from Help when performing a component searching] (コンポーネント検索の実行時にはヘルプも検索する)チェックボックスを必ずオンにして下さい。詳細は、パレットの環境設定(Talend > Palette Settings)を参照して下さい。

  2. 使用するコンポーネントを選択し、コンポーネントをドロップするデザインワークスペースをクリックします。

タスクの結果

注記も、コンポーネントと同じ要領でジョブにドロップできます。

新規に追加した各コンポーネントは、青いボックスに個別のサブジョブとして表示されます。