既存のポートタイプを再利用する - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

バインドに既存のポートタイプを再利用する場合、次の手順に従います。

手順

  1. デザインビューで、バインドオブジェクトを右クリックして、[Set PortType] (ポートタイプの設定) > [Existing PortType] (既存のポートタイプ)の順にクリックします。
  2. [Specify Port Type] (ポートタイプの指定)ウィザードが表示されます。[Name] (名前)フィールドにリストをフィルター処理するための検索文字列を入力します。すべてを表示する場合は、フィールドを空白のままにします。
  3. リストのスコープを変更するには、以下のオプションのいずれかを選択します。
    • [Workspace] (ワークスペース): ワークスペースで使用可能なポートタイプをリストします。

    • [Enclosing Project] (ファイルを含むプロジェクト): ファイルが含まれるプロジェクトで使用できるポートタイプをリストします。

    • [Current Resource] (現在のリソース): 現在のファイルで使用できるポートタイプをリストします。

    • [Working Sets] (作業セット): 指定されたファイルのセットで使用できるポートタイプをリストします。作業セットを指定するには、[Choose] (選択)をクリックします。既存の作業セットからファイルを選択するか、新しい作業セットを作成します。ファイルを選択したら、[OK]をクリックします。

  4. 既存のポートタイプは[Components] (コンポーネント)エリアにリストされます。[Declaration Location] (定義場所)フィールドには、選択されたポートタイプが位置する場所が示されます。必要なポートタイプを選択して、[OK]をクリックします。
  5. [Properties] (プロパティ)ビューでポートタイプを変更する方法の詳細は、バインドの新しいポートタイプを作成するを参照して下さい。