SAP IDOCからファイルを作成する - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

このプロシージャに従って、SAPサーバーのIDocファイルに接続し、XMLファイルを作成することができます。これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. 作成したSAP接続を右クリックします。
  2. コンテキストメニューから[Create SAP IDoc] (SAP IDocの作成)をクリックします。
  3. [iDoc name] (IDoc名)フィールドで、SAP IDocファイルへの接続に名前を付けます。
  4. [Program Id] (プログラムID)フィールドに、使用するRFC接続で定義されているのと同じプログラムIDを入力します。
  5. [Gateway Service] (ゲートウェイサービス)フィールドに、 TalendシステムがSAPシステムと通信するのに必要なサービスの名前を入力します。サービス名を取得するには、SAPサーバーがインストールされているワークステーションのC:\WINDOWS\system32\drivers\etc\にあるserviceファイルを編集します。
  6. [Output Format] (出力形式)エリアで、SAP IDocから生成する出力のタイプに応じて[XML]および[HTML]チェックボックスをオンにします。
  7. [Browse...] (参照...)をクリックしてファイルパスおよび名前を設定します。
  8. [Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じ、IDocファイル接続の作成を確定します。

タスクの結果

[Repository] (リポジトリー)ツリービューにあるSAP接続の[SAP iDocs]ノードの下に新しい接続が表示されます。これで、この接続をtSAPIDocInputおよびtSAPIDocOutputコンポーネントで使用することができるようになりました。