カスタムデータベースへの接続を作成する - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioのデータベース接続ウィザードには、接続を作成でき、プロファイリングと統合プロセスが可能なデータベースが表示されます。

現時点では、リストのデータベースでデータのプロファイリングに対応しているものはわずかです。詳細は、Profiling[ (] (プロファイリング)パースペクティブでサポートされるデータベースと『Talendインストレーションおよびアップグレードガイド』のサポートされるデータベースのセクションを参照して下さい。

それでも、Talend Studioを使ってカスタムの「非対応」データベースに接続できます。

手順

  1. 接続ウィザードでデータベースタイプに[ JDBC]を選択します。
  2. 接続パラメーターを入力します。
    詳細は、JDBCメタデータの一元管理を参照して下さい。

次のタスク

カスタムデータベースへの接続を作成したら、サポートされたデータベースで行うように、さまざまな分析とインジケーターを使って、このデータベースでデータのプロファイリングと監視ができます。ただし、[Indicator Settings] (インジケーター設定)エディターで、一部のインジケーターのSQLクエリテンプレートを変更する必要がある場合があります。たとえば、各データベースで異なる呼び出し関数が使用される正規表現インジケーターなどがあります。詳細は、システムインジケーターの編集およびユーザー定義インジケーターの編集を参照して下さい。

注: JDBC接続を使っても、カスタムデータベースのプロファイリングに問題がある場合、一部のJDBC関数がJDBCドライバーライブラリーで実装されていないことが理由として考えられます。次のサイトのTalend Talend Communityフォーラムにこの問題を提起するか質問をして下さい: https://community.talend.com/