SQLクエリの作成および保存 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studio Profiling パースペクティブから、SQLエディターを使用して選択したデータベースに問い合わせて参照し、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[Source Files] (ソースファイル)フォルダーの下にそれらのSQLクエリを保存できます。

また、SQLエディターでこれらの任意の保存したクエリを開き、そのクエリを編集、実行、あるいはクエリの名前を変更することができます。

始める前に

Talend StudioProfilingパースペクティブを選択していること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー) ツリービューで、[Libraries] (ライブラリ)を展開します。
  2. [Source Files] (ソースファイル)を右クリックして、コンテキストメニューから[New SQL File] (新規SQLファイル)を選択します。[New SQL File] (新規SQLファイル)ダイアログボックスが表示されます。
  3. [Name] (名前)フィールドに作成するSQLクエリの名前を入力し、[Finish] (終了)をクリックして次の手順に進みます。
    SQLエディターが開き、新しいSQLクエリが表示されます。
    [Connections] (接続)ビューが開かない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show View] (ビューの表示) > [Data Explorer] (データエクスプローラー) > [Connections] (接続)の順に選択して開きます。
  4. SQLエディターでSQLステートメントを入力します。
  5. [Choose Connection] (接続の選択)リストから、クエリを実行するデータベースを選択します。
  6. SQLエディターのツールバーで、 をクリックして、指定したベーステーブルのクエリを実行します。
    指定したベーステーブルからデータ行が取得され、エディターに表示されます。
    新しいSQLクエリのファイルは、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[Source Files] (ソースファイル)の下にリストされます。
  7. SQLファイルを右クリックして、コンテキストメニューから次を選択します。
    オプション 内容...
    [Open] (開く) 選択したクエリファイルを開きます
    [Duplicate] (複製) 選択したクエリファイルのコピーを作成します
    [Rename SQL File] (SQLファイルの名前の変更) クエリファイルの名前を編集できるダイアログボックスを開きます
    [Open in Data Explorer] (データエクスプローラーで開く) データエクスプローラーでSQLエディターを開き、選択したクエリファイルを表示します
    [Delete] (削除) クエリファイルを削除します
    注: 削除されたアイテムは、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[Recycle Bin] (ごみ箱)に移動します。そのようなアイテムは、右クリックして復元したり削除したりできます。ごみ箱を右クリックして空にすることもできます。
    注:
    • SQLエディターでクエリファイルを開く場合、クエリを実行する前に必ず[Choose Connection] (接続の選択)リストからデータベース接続を選択して下さい。正しく選択しない場合、エディターのツールバーの実行アイコンを利用できません。
    • SQLエディターでクエリファイルのクエリを作成または編集し、エディターを閉じようとすると、変更を保存するよう促されます。変更は、エディターのツールバーの保存アイコンをクリックしないと考慮されません。