システムルーチンのカスタマイズ - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

システムルーチンが特定のニーズに適合されていない場合は、ユーザールーチンにコンテンツをコピーして貼り付け、その後、必要に応じてコンテンツを変更してルーチンをカスタマイズできます。

システムルーチンをカスタマイズするには、次の手順に従います。

手順

  1. 最初に、ユーザールーチンの作成で説明されている手順に従い、ユーザールーチンを作成します。ルーチンをワークスペースで開くと、ルーチンの基本的な例を確認できます。
  2. その後、[Code] (コード) > [Routines] (ルーチン) > system (システム)の下で、カスタマイズするルーチンが含まれるルーチンのクラスを選択します。
  3. 関連するルーチンが含まれるクラスをダブルクリックして、それをワークスペースで開きます。
  4. Studioの左下の[Outline] (アウトライン)パネルを使用して、コンテンツのすべてまたは一部をコピーするルーチンを見つけます。
  5. ワークスペースで、コードのすべてまたは一部を選択し、Ctrl+Cを使用してそれをコピーします。
  6. タブをクリックしてユーザールーチンにアクセスし、Ctrl+Vを押してコードを貼り付けます。
  7. 必要に応じてコードを変更し、Ctrl+Sを押して保存します。

タスクの結果

入力および出力パラメーターの詳細がわかるような記述的なテキスト(青色)を使用することをお勧めします。これにより、ルーチンの管理と再利用が容易になります。