Bonita BPMポータル上にデプロイされたBPMプロセスからSOAPサービスを作成 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

前提条件:

  • Bonita BPMポータルが稼動していること。

  • サービスを作成するプロセスがBonita BPMポータル上にデプロイされていること。Bonita BPMポータル上にプロセスをデプロイする方法の詳細は、Bonitaのドキュメンテーションを参照して下さい。

[Create Service From BPM Process] (BPMプロセスからサービスを作成)ウィザードの[From BPM Portal] (Bonita BPMポータルから)オプションを選択し、次の手順を実行します。

手順

  1. [Process] (プロセス)ツリー構造から、サービスを作成したいBPMプロセスを選択します。
  2. BPMプロセスで定義された変数に対応する全てのフィールドはデフォルトで選択されています。必要に応じて、フィールドの[Name] (名前)のチェックボックスを選択解除して、次のオプションの中の1つを[Non-request Field Type] (非要求フィールドタイプ)リストのフィールドから選択します。
    • [Custom] (カスタム): このフィールドは空の値のままにしておきます。必要に応じて、生成されたジョブの最初のtXMLMapコンポーネントの出力テーブルにあるこのフィールドに対応するカラムにカスタム値またはカスタム式を指定し、サービスを開始するジョブを実行する前にBPMプロセスにカスタム情報を渡すことができます。これは非要求フィールドへのデフォルトのオプションです。

    • [Security Token] (セキュリティトークン): サービス要求にセキュリティトークンがある場合、このフィールドを使ってBPMプロセスに受け渡します。

    • [Correlation ID] (コリレーションID): サービス要求にコリレーションIDがある場合、このフィールドを使ってBPMプロセスに受け渡します。

  3. [SOAP Service] (SOAPサービス)オプションを選択します。
    BPMサービスのデフォルトで生成された情報が[Generated Wsdl Information] (生成されたWsdl情報)エリアに入力されます。
    これらの情報を変更するには、[Use default] (デフォルトを使用)チェックボックスをオフにして、ニーズに基づいてフィールドを更新します。
  4. [Finish] (終了)をクリックします。関連するジョブおよびデータサービスが[Repository] (リポジトリー)ツリービューに作成されます。

タスクの結果

ここで、生成されたWSDLファイルを編集することができます。詳細は、WSDLファイルの編集を参照して下さい。