作成されたパーサールールセットの変更 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

始める前に

Talend Studio Profiling パースペクティブでパーサールールセットが作成されていること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリ) > [Rules] (ルール) > [Parser] (パーサー)の順に展開します。
  2. 変更の必要なルールセットを右クリックして、コンテキストメニューから[Open] (開く)を選択します。
    [Parser Rule Settings] (パーサールール設定)ビューに選択されたルールセットが開きます。
  3. [Parser Rule Metadata] (パーサールールメタデータ)ビューから、該当のフィールドに目的のテキストを入力して、現在のルールセットに関する情報を変更します。
    必要に応じて、変更するルールセットのカスタマイズステータスを[Status] (ステータス)フィールドで選択します。さまざまなステータス設定の詳細は、ステータス管理を参照してください。
  4. [Parser Rule] (パーサールール)ビューから、現在のルールセットの個々のルールを変更します。

    [Parser Rule] (パーサールール)エリアの[Parser Rules] (パーサールール)テーブルの下にドックされているツールバーを使用して、ルールを変更することもできます。

    [Buttons] (ボタン) 目的
    1つのルールをルールセットに追加するには、このボタンをクリックします。追加が必要なルールと同じ回数クリックできます。
    ルールセットから削除したいルールを選択し、このボタンをクリックして削除します。
    [Parser Rules] (パーサールール)テーブルで上または下に移動させたいルールを選択して、このいずれかのボタンをクリックして移動します。
    コピーしたいルールを選択し、このボタンをクリックしてコピーします。
    [Parser Rules] (パーサールール)テーブルからルールをコピーした後、このボタンをクリックすると同じテーブルのルールリストの最後に貼り付けられます。
    このボタンをクリックして、Studioワークスペースのルールテストビューを開きます。このテストビューでは、サンプルデータなどに対して特定のパーサールールセットをテストし、このルールセットの改善点を把握することができます。

    パーサールールをテストする方法の詳細については、パーサールールセットのテストを参照して下さい。

    いずれかのエリアを非表示または表示するには、そのエリアのタイトルをクリックします。