分析するデータベース接続の選択 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. [DB connections] (データベース接続)を展開し、分析するデータベース接続が複数ある場合1つのデータベースを選択します。
  2. [Next] (次へ)をクリックします。
  3. SQL言語を使い、必要に応じて、分析するテーブルまたはビューのフィルターをそれぞれのフィールドに設定します。
    デフォルトでは、データベースの全てのテーブルとビューが分析の対象となります。
  4. [Finish] (終了)をクリックして、[Create New Analysis] (新規分析の作成)ウィザードを閉じます。
    新規作成した分析のフォルダーが[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[Analyses] (分析)フォルダーの下に表示され、接続エディターが開いて、定義したメタデータが表示されます。
    注: 接続エディターの表示は、[Preferences] (環境設定)ウィンドウで設定したパラメーターによって異なります。詳細は、分析エディターと分析結果の環境設定を参照して下さい。
  5. [Analysis Parameters] (分析パラメーター)をクリックし、次の手順に従います。
    1. [Number of connections per analysis] (分析ごとの接続数)フィールドで、分析ごとに、選択したデータベースへの接続に対して許可する同時接続数を設定します。
      この数値はデータベースの利用可能リソース、つまりデータベースがサポートできる同時接続数に基づいて設定します。
    2. テーブルまたはビューにフィルターが設定されている場合、それらのフィルターを確認または変更します。
    3. 概要分析を実行する際に、サーバー接続の全てのデータベースをリロードする場合は、[Reload databases] (データベースのリロード)チェックボックスを選択します。
      データベースをリロードしようとすると、データベース構造への変更は既存の分析に影響を与える可能性があるため、確認を求めるメッセージが表示されます。
  6. [Context Group Settings] (コンテキストグループ設定)ビューで、リストから、分析を実行するために使用するコンテキスト環境を選択します。
    このビューのテーブルには、分析エディターの[Contexts] (コンテキスト)ビューで定義するすべてのコンテキスト環境とその値が一覧表示されます。詳細は、分析でのコンテキスト変数の使用方法を参照して下さい。
  7. F6を押して分析を実行します。
    エディターの下部に操作が進行中であることを確認するメッセージが表示され、分析結果が[Analysis Results] (分析結果)ビューに開きます。