SVNまたはGitにコミットしていない変更の処理 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
警告:

Git管理プロジェクトの場合、このセクションの情報はリモートブランチの作業をしているときにのみ該当します。プロジェクトブランチの作業については、プロジェクトのブランチおよびタグの操作を参照して下さい。

コミットモードが[Unlocked Items] (ロックされていないアイテム)Talend Administration Centerに設定されている場合、アイテムのロックが解除された後にのみ、アイテムの変更をSVNまたはGitにコミットされます。

注:

Talend Studio[Repository] (リポジトリ)ツリービューで、コミットされていない変更があるアイテムの前に>という記号が付きます。

この場合、変更されたアイテムの保持者が自分だけであれば、次のようにSVNまたはGitへの変更をコミットできます。

  • でロックモードが[Automatic] (自動)Talend Administration Centerに設定されている場合は、アイテムを閉じます。

  • でロックモードが[Ask user] (ユーザープロンプト)Talend Administration Centerに設定されている場合は、アイテムを閉じてロックを解除します。

  • でロックモードが[Manual] (手動)Talend Administration Centerに設定されている場合は、Studioを終了する前にアイテムを閉じて手動でロックを解除します。

状況によっては、コミットされていないアイテムが見つかったときにダイアログボックスが表示され、そのアイテムを処理するオプションが示されることがあります。詳細は、プロンプトが表示されたときのコミットされていないアイテムの処理(SVNのみ)およびプロンプトが表示されたときのコミットされていないアイテムの処理(Gitのみ)をそれぞれ参照して下さい。

コミットモードとロックモードのオプションの詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。