Pigユーザー定義関数のセットアップ - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
上記のセクションで説明したように、Pigユーザー定義関数(Pig UDF)を作成すると、自動的に[Expression Builder] (式ビルダー)ビューの[Category] (カテゴリー)リストに追加されます。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリーの[Code] (コード)ノードの下にある[Pig UDF]サブノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Pig UDF] (Pig UDFの作成)を選択します。[Create New Pig UDF] (Pig UDFの新規作成)ウィザードが表示されます。
  2. [Template] (テンプレート)リストから、作成するPig UDF関数の種類を選択します。選択した種類に基づいて、該当するPig UDFのテンプレートがStudioから提供されます。
  3. ウィザードのその他のフィールドを入力します。
  4. [Finish] (終了)をクリックして変更を確定すると、ワークスペースにPig UDFのテンプレートが開きます。
  5. テンプレートにコードを書き込みます。

タスクの結果

書き終わったら、このPig UDFが自動的にtPigMap[Expression Builder] (式ビルダー)ビューにある[Categories] (カテゴリー)リストに表示され、使用可能になります。