パレット設定 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

プロジェクトで使用されるコンポーネントだけがロードされるよう、[Palette] (パレット)表示の設定をカスタマイズできます。これによって、Studioをさらに速く起動できるようになります。

[Palette] (パレット)表示の設定をカスタマイズするには、次の手順に従います。

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーでをクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティの編集)の順にクリックして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
    注:

    プロジェクト作成時にプロジェクトの説明を追加しなかった場合は、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスの[General] (一般設定)で追加できます。

  2. [Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスのツリービューで[Designer] (デザイナー)を展開し、[Palette Settings] (パレット設定)を選択します。
    ダイアログボックスの右にあるパネルに、現在のパレット設定が表示されます。
  3. 現在のプロジェクトのパレットから削除するコンポーネントを、1つ以上、あるいはセットで選択します。
  4. 左矢印ボタンを使って、選択したコンポーネントを左のパネルに移動します。
    これで、選択したコンポーネントがパレットから削除されます。
  5. 非表示にされたコンポーネントを再表示させるには、左のパネルでそのコンポーネントを選択し、右矢印ボタンを使ってパレットに復元します。
  6. [Apply] (適用)をクリックして変更を確定し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

注:

パレットをデフォルト設定に戻すには、[Restore Defaults] (デフォルトの復元)をクリックします。

パレットの詳細は、パレットのレイアウトと設定の変更を参照して下さい。