JDBC接続の作成とデータベースドライバーのインポート - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. JDBC接続を最初から作成するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、[DB Connections] (DB接続)を右クリックして[Create connection] (DB接続の作成)を選択し、データベース接続セットアップウィザードを開きます。
    ジョブで定義したデータベース接続パラメーターをJDBC接続として一元管理するには、該当するデータベースコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビュー([Property Type] (プロパティタイプ)[Built-in] (組み込み)に設定)でアイコンをクリックし、データベース接続セットアップウィザードを開きます。
    既存のJDBC接続を変更するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューから接続アイテムを右クリックし、[Edit connection] (接続の編集)を選択してセットアップウィザードを開きます。
  2. 接続の[Name] (名前)[Description] (説明)など、スキーマジェネリック情報を入力し、[Next] (次へ)をクリックして接続詳細の定義に進みます。
    詳細は、データベース接続のセットアップの一般的なプロパティを定義しているセクションを参照してください。
  3. [DB Type] (DBタイプ)リストから[JDBC]を選択します。
  4. インポートするライブラリーがお使いのマシンにない場合は、[Modules] (モジュール)ビューを使用してダウンロードし、インストールするか、ダウンロードしてローカルディレクトリーに保存します。
  5. [Drivers] (ドライバー)テーブルで[+]ボタンをクリックし、テーブルに1行追加します。
  6. 新しく追加した行をクリックし、[...]ボタンをクリックして[Module] (モジュール)ダイアログボックスを開きます。ここから外部ライブラリーをインポートできます。
  7. [Modules] (モジュール)ビューを使ってライブラリーをインストールした場合:
    • [Platform] (プラットフォーム)オプションを選択した後、リストでそのライブラリーを選択します。
    • [Artifact repository (local m2/nexus)] (アーティファクトリポジトリー(ローカルm2/nexus)) > [Find by name] (名前で検索)オプションか[Artifact repository (local m2/nexus)] (アーティファクトリポジトリー(ローカルm2/nexus)) > [Find by Maven URI] (Maven URIで検索)オプションを選択し、ライブラリーモジュールのフルネームかMaven URIを指定して、[Detect the module install status] (モジュールのインストールステータスを検出)ボタンをクリックしてインストールステータスを検証します。
  8. ライブラリーファイルをローカルディレクトリーに保存した場合:
    1. [Artifact repository (local m2/nexus)] (アーティファクトリポジトリー(ローカルm2/nexus))オプションを選択します。
    2. [Install a new module] (新しいモジュールのインストール)オプションを選択し、[...]ボタンをクリックしてライブラリーファイルを参照します。
    3. ライブラリーのMaven URIをカスタマイズする必要がある場合は、[Custom MVN URI] (カスタムMVN URI)チェックボックスをオンにし、[Detect the install status] (モジュールのインストールステータスを検出)ボタンをクリックしてインストールステータスを検証します。
      注:

      外部モジュール用にMaven URIを変更すると、プロジェクト内でそのモジュールを使用するすべてのコンポーネントやメタデータに影響します。

      リモートプロジェクトで作業している場合、Maven URIのカスタム設定はTalend Artifact Repositoryと自動的に同期され、同じプロジェクトで作業している他のユーザーが外部モジュールをインストールする時に使用されます。

  9. [OK]をクリックして変更を確定します。
    インポートされたライブラリーファイルが[Drivers] (ドライバー)テーブルにリスト表示されます。
    注: インポートされたライブラリーは置換も削除も可能です。必要であれば新しいライブラリーをインポートすることもできます。