テーブルで主キーと外部キーを一致させるための分析の定義 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Data Profiling] (データプロファイリング)フォルダーを展開します。
  2. [Analyses] (分析)フォルダーを右クリックし、[New Analysis] (新規分析)を選択します。
    [Create New Analysis] (新しい分析を作成)ウィザードが開きます。
  3. フィルターフィールドで、redundancy analysisの最初の数文字を入力して、[Redundancy Analysis] (冗長性分析)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. [Name] (名前)フィールドに、現在の分析の名前を入力します。
    注:

    アイテムの名前には次の特殊文字は使用しないで下さい。

    "~", "!", "`", "#", "^", "&", "*", "\\", "/", "?", ":", ";", "\"", ".", "(", ")", "'", "¥", "'", """, "«", "»", "<", ">".

    ファイルシステムでは、これらの文字はすべて"_"に置き換えられ、重複するアイテムが作成されてしまう場合があります。

  5. 該当するフィールドに分析メタデータ(目的、説明、作成者名)を設定し、[Finish] (終了)をクリックします。
    新規作成された分析用のファイルが、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービュー内の[Analysis] (分析)フォルダーの下にリスト表示されます。定義された分析メタデータとともに分析エディターが開きます。