比較する同一カラムの選択 - 7.1

Talend Real-time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. [DB connections] (DB接続)を展開し、目的のデータベースで、分析するカラムを参照して選択し、[Finish] (終了)をクリックしてウィザードを閉じます。
    新規作成された分析用のファイルが、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービュー内の[Analysis] (分析)フォルダーの下にリスト表示されます。定義された分析メタデータとともに分析エディターが開きます。
    分析エディターの表示は、[Preferences] (環境設定)ウィンドウで設定したパラメーターによって異なります。詳細は、分析エディターと分析結果の環境設定を参照して下さい。
  2. [Analyzed Column Sets] (分析対象カラムセット)をクリックしてビューを表示させ、カラムを設定するか、選択したカラムを変更します。
    この例では、[account]テーブルと[account_back]テーブルにある同一カラムを比較します。
  3. [Connection] (接続)リストで、接続するデータベースに対して適切なデータベース接続を選択します。
    Studioリポジトリで作成し、一元管理するすべてのデータベース接続が、このリストに含まれています。
  4. [A column Set] (Aセットのカラム)をクリックし、[Column Selection] (カラム選択)ダイアログボックスを開きます。
  5. データベース接続内のカタログ/スキーマを参照して、分析するカラムが含まれているテーブルに移動します。
    [Table filter] (テーブルフィルター)フィールドや[Column filter] (カラムフィルター)フィールドに必要なテキストを入力すると、テーブルやカラムのリストをフィルタリングできます。リストには、入力したテキストに対応するテーブルまたはカラムのみ表示されます。
  6. テーブル名をクリックし、含まれているカラムを全て[Column Selection] (カラム選択)ダイアログボックスの右にあるパネルにリスト表示します。
  7. 右側のリストで、分析するカラムのチェックボックスを選択して[OK]をクリックし、次の手順に進みます。
    分析するカラムは[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューからエディターに直接ドラッグできます。
    [Analyzed Columns] (分析対象カラム)ビューにリスト表示されているいずれかのカラムを右クリックして[Show in DQ Repository view] (DQリポジトリビューで表示)を選択すると、選択されたカラムがツリービューの対応する接続の下へ自動的に配置されます。
  8. [B Column Set] (Bセットのカラム)をクリックし、同じ手順で2番目のカラムのセットを選択するか、右のカラムパネルにドラッグします。
  9. AセットのデータをBセットのデータと一致させたい(その逆ではない)場合は、[Compute only number of A rows not in B] (B行ではなくA行の数のみ計算)チェックボックスを選択します。