Talendリモートエンジンなしのデータサービスとルートのデプロイ - Cloud

Linux向けTalend Remote Engineユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
OSGiとマイクロサービスのデータサービスととルートは、Talend Cloudサブスクリプションユーザー向けにTalendリモートエンジン経由でのみサポートされており、デプロイがTalend Cloudによってトリガーされた場合に限られます。

ただし、純粋にテストを目的として、OSGiルートとデータサービスの実行がTalend Studioにリンクされたローカルの Talend Runtimeでサポートされます。ローカルマイクロサービスアーティファクトをStudioからエクスポートするオペレーションもサポートされますが、これもテスト限定です。

注:

オンプレミスとTalend Cloudのサブスクリプションを同時に持っている場合(たとえば、Talend Data Fabric)は、Talendリモートエンジンを既存の Talend Runtimeにリンクすることができます。ただし、ランタイムをオンプレミスのデプロイにも使用する場合は、有効なオンプレミスサブスクリプションがこの Talend Runtimeに必要になります。Talend Cloud -リモートエンジン経由でデプロイ専用とする Talend Runtimeインスタンスのみ、エンジントークン経由でライセンスされます。