Remote Engineでのタスクの実行 - Cloud

Linux 向けTalendリモートエンジンユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine

Remote Engineでは、タスクはオンプレミスでセキュアなランタイムとして実行されます。

ルートとデータサービスは、Remote Engineにのみデプロイできます。

始める前に

  • MicroservicesまたはOSGiのタスクを実行する場合は、Talend Cloud Management ConsoleでRemote Engineに正しい実行プロファイルを選択する必要があります。
  • OSGiルートとデータサービスタスクをデプロイする場合は、 Talend Runtimeを同じマシンにインストールし、実行している必要があります。

手順

  1. [MANAGEMENT] (管理)に移動します。
  2. 正しいワークスペースで[Tasks] (タスク)をクリックします。

    例え

  3. Remote Engineにデプロイするタスクをリストから選択します。
    ページの左側にあるフィルターを使用して結果を限定することもできます。

    例え

  4. [Task Details] (タスクの詳細)ページで、[Execution] (実行)の横にあるをクリックします。

    例え

  5. [EDIT TASK] (タスクの編集)ウィザードで、タスクをデプロイするRemote Engineを[Runtime] (ランタイム)ドロップダウンリストから選択します。
    データサービスとルートアーティファクトは、使用しているStudioのバージョンと互換性のあるRemote Engineでのみ実行できます。互換性マトリクスは、Talend StudioとTalend Cloudとの互換性を参照して下さい。

    例え

  6. [Go Live] (本番稼働)をクリックします。