OSGiログの収集 - Cloud

Linux向けTalend Remote Engineユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
アーティファクトがデプロイされると、実行によって生成された全てのログログサーバーが内に収集され、GUIからアクセスできるようになります。

始める前に

ログの収集にはTalend Log Serverが必要です。

このタスクについて

デフォルトのOSGiログは、 Talend Runtimeorg.ops4j.pax.logging.cfgファイル内に設定されます。ログの収集はデフォルトで有効になっています。

アーティファクトをリカバリする時に、ログが全て再収集されます。

ログの収集でカスタム動作を設定するには、<RemoteEngineInstallationDirectory>/etcディレクトリ内のorg.talend.ipaas.rt.dsrunner.cfgファイルを編集します。

手順

  • ログ収集を無効にするには、osgi.log.collection.enabledプロパティの値をfalseに設定します。
  • Talend Log Serverのホストとポートを変更するには、osgi.log.collection.hostプロパティとosgi.log.collection.portプロパティを編集します。
    デフォルト値はlocalhost7789です。
  • Talend Log Serverの再接続どうしの間隔を変更するには、osgi.log.collection.reconnection.delayプロパティを編集します。
    デフォルト値は10000 (ミリ秒)です。