Remote Engineのプログラムによる作成とペアリング - Cloud

Linux向けTalend Remote Engineユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine

Remote EngineをAPI経由でプログラムを使って作成し、ペアリングして、フローを自動化します。

始める前に

以下のAPIリクエストを実行するマシンにRemote Engineをダウンロードし、ローカルにインストール済みであること。

このタスクについて

次の例のコードサンプルには、シェルスクリプトのさまざまな部分が示されています。

手順

  1. Talend Cloudのプロファイル環境設定で[Personal Access Token] (パーソナルアクセストークン)を生成します。このトークンを使ってAPI呼び出しにサインできます。
  2. POSTを使い、runtimes/remote-enginesエンドポイントにRemote Engineを作成します。

    payloadにいくつかのパラメーターが定義されており、その一部はオプションです。

    この例では変数も使われています。変数は、スクリプトで定義することも、実値に置き換えることもできます。たとえば、$2はユーザーのTalend Cloudリージョンを表します。

    curl -X POST 
    --header 'Content-Type: application/json' 
    --header 'Accept: application/json' 
    --header 'Authorization: Bearer '$1'' -d '{
           "name": "My Remote Engine",
           "type": "elastic" ,
           "environmentId": '$3',
           "workspaceId": '$4'
           }' 
    'https://api.'$2'.cloud.talend.com/tmc/v1.3/runtimes/remote-engines'
    
  3. preauthorized.key.cfgファイルにペアリングキーを挿入して、作成したばかりのRemote Engineをペアリングします。
    echo "remote.engine.pre.authorized.key = $PAIRING_KEY" > /opt/remote-engine/etc/preauthorized.key.cfg 

タスクの結果

これで、新しいRemote Engineがペアリングされました。次の例では、作成したRemote Engineを既存のRemote Engineクラスターに追加する方法を説明しています。