Data Service Runnerの設定 - Cloud

Linux 向けTalendリモートエンジンユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
ルートとデータサービスのデプロイは、Fall '18のリリースからTalendリモートエンジンでサポートされます。

OSGiタイプのデプロイでは、 Talend Runtime 7.1.1バージョンをリモートエンジンと同じマシンにインストールし、実行している必要があります。マイクロサービスは、ルートとRESTデータサービスのデプロイに、リモートエンジン内のData Service Runnerモジュール以外のアプリケーションを必要としません。

Talend Runtimeは1つのTalendリモートエンジンにのみリンクできます。

Talend ESBインフラストラクチャサービスの使用は、ESBインフラストラクチャサービスがオンプレミスサブスクリプションの一部として設定されており、Talend Administration Centerをそれらのサービスの設定として使用している場合にのみサポートされます。

Apache ActiveMQ Brokerは、クラウド限定のサブスクリプションでも、 Talend Runtimeと同梱の製品としてサポートされています。

Data Service Runnerには、データサービスとルートをモデルとするアーティファクトという新しいデプロイ機能が追加されています。
  • OSGiデプロイ(kar)

    ルート、SOAP、およびRESTデータサービスでサポートされています。Talendリモートエンジンおよび Talend Runtimeが同じマシンで実行されている必要があります。

  • マイクロサービスデプロイ(zip)

    ルートおよびRESTデータサービスでサポートされています。TalendリモートエンジンとData Service Runnerのみ必要とします。

Talendリモートエンジンには、以下のData Service Runner設定ファイルが <RemoteEngineInstallationDirectory>/etcに含まれています。
  • org.talend.ipaas.rt.dsrunner.cfg -マイクロサービスとOSGiの実行のためのコアプロパティ
  • org.talend.ipaas.rt.dsrunner.log4jsocket.collector.cfg -ログコレクターのプロパティ
  • org.talend.ipaas.rt.dsrunner.metrics.collector.cfg -メトリックコレクターのプロパティ
  • org.talend.ipaas.rt.dsrunner.microservice.client.cfg -マイクロサービスクライアントのプロパティ
  • org.talend.ipaas.rt.dsrunner.talendruntime.client.cfg - Talend Runtimeクライアントのプロパティ

各プロパティは、Data Service Runnerの開始時に反映されます。プロパティの更新には、TalendリモートエンジンまたはData Service Runnerの停止/開始が必要です。