複数のRemote Engineをデプロイする - Cloud

Linux 向けTalendリモートエンジンユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
場合により、短期の開発とテストに対応するために、1つのサーバーに複数のRemote Engineインスタンスをデプロイし、実行しなければならないことがあります。

このタスクについて

Talendには、競合していないポートとパラメーターの異なるセットを用いて、最大2つのRemote Engineインスタンスを同一サーバー上にデプロイする処理を自動化するKaraf設定スクリプトが記載されています。これらのスクリプトはTalendリモートエンジンインスタンス内で実行されます。したがって、Talendリモートエンジンと互換性のあるすべてのプラットフォームでサポートされています。

手順

  1. 実行中のRemote Engineとそのサービスがあれば停止してください。
  2. Talend Cloud Management Consoleに2番目のRemote Engineを作成します。
  3. Remote Engineの2番目のインスタンスをダウンロードし、別のフォルダーに解凍またはインストールします。
    インストーラーが自動的にサービスを開始します。インストールプロセスの終了後は、このサービスを手動で停止する必要があります。
  4. 2番目のRemote Engineのインストールディレクトリにあるbinフォルダーに移動し、karafファイルを実行します。
  5. Karafコンソールで、source scripts/configureC1.shスクリプトを実行でします。
  6. Karafをシャットダウンします。
  7. 2番目のRemote EngineとTalend Cloudアカウントをペアリングします。
  8. trunファイルを実行し、各インストールフォルダーで両方のRemote Engineを起動します。

タスクの結果

これで、競合せずに両方のRemote Engineでタスクを実行できるようになります。