Remote Engineのアップグレードと再ペアリング - Cloud

Linux向けTalend Remote Engineユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
最新バージョンのRemote Engineをダウンロードすると、このRemote Engineをアカウントに再ペアリングできます。Talend Cloud Management Consoleでは、再ペアリングすることで、新しいバージョンをインストールする際に、Remote Engineでのタスクの実行ランタイム設定をすべて保持できます。

手順

  1. 既存のRemote Engineサービスおよびアプリケーションを停止します。
  2. 既存のRemote Engine (<RemonteEngineInstallationDirectory>)のフォルダーに移動し、uninstall.exeまたはuninstallファイルを実行してアンインストールします。
    プロセスを開始するとき、Remote Engineファイルが開いていないことを確認して下さい。
  3. <RemonteEngineInstallationDirectory>とその内容がドライブから完全に削除されていることを確認して下さい。
  4. Talend Cloud Management Consoleを開きます。
  5. [ENGINES] (エンジン)ページに移動します。
  6. 1番上のメニューから正しい環境を選択します。

    例え

  7. アップグレードするRemote Engineを開きます。
  8. [INFO] (情報)をクリックします。
  9. [Re-pair](再ペアリング)をクリックします。

    例え

  10. ポップアップウィンドウでペアリング解除を確認します。

    例え

    新しいRemote Engineキーが生成され、これをエンジンの[INFO](情報)タブからコピーすることができます。
  11. [ENGINE DETAILS] (エンジンの詳細)パネルを閉じた後で、アイコンをクリックしてTalendリモートエンジンの最新バージョンをダウンロードします。
  12. インストーラーを管理者として実行します。
    インストール手順中に、生成されたキーを入力します。

タスクの結果

リモートエンジンの最新バージョンがコンピュータにインストールされ、Talend Cloudアカウントとペア設定されています。