マイクロサービスメトリクスの収集 - Cloud

Talend Remote Engineユーザーガイド: Linux

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
リモートエンジン
アーティファクトがデプロイされると、実行で生成されたメトリックデータの限定されたセットがTalendリモートエンジン - Data Service Runner内に収集され、Talend Cloud Management Console内でアクセスできるようになります。

始める前に

タスクのデプロイ時に、Talend Cloud Management Console内にタスク定義の一部としてmetric_pathコンテキストパラメーターを指定し、そこに値を入力する必要があります。パラメーター metric_path の値は、データサービスまたはルート固有のメトリックのJMX-MBean/Jolokia URLを検索するために使用されます。

RESTデータサービスアーティファクトの名前をパラメーター metric_path の値として使用します。マイクロサービスルートの場合、このパラメーターはオプションですが、Talend Cloud Management Consoleのメトリックデータを収集して表示する各データサービスとルートタスク内に設定することをお勧めします。

このタスクについて

データサービス用には、以下のメトリクスがキャプチャーされます。
  • OneMinuteRate
  • FiveMinuteRate
  • FifteenMinute
  • Count
ルート用には、以下のメトリクスがキャプチャーされます。
  • Context_ExchangesCompleted
  • Context_ExchangesFailed
  • Context_ExchangesTotal
  • Context_MeanProcessingTime
  • Context_LastProcessingTime

メトリックコレクションはデフォルトで有効になっています。リモートエンジンを再起動すると、メトリックコレクションも自動的に再起動します。ただし、上記のメトリック値、たとえばサービスコールまたはContext_ExchangesTotalなどのカウントは 0になります。JMXメトリックは通算の合計回数ではなく、前回の開始オペレーション以降の回数を表すからです。

手順

ポーリング間隔(秒単位)を変更するには、プロパティ metric.collection.interval (org.talend.ipaas.rt.dsrunner.metrics.collector.cfgファイル内)を編集します。
60
デフォルト値
0
メトリックコレクションが無効
10
最小値
900
最大値