リモートエンジンのプロキシ設定の構成 - Cloud

Talend Remote Engineユーザーガイド: Linux

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
リモートエンジン

始める前に

Talendリモートエンジンを手動でインストールした場合は、リモートエンジンをペアリングする前にプロキシ設定を構成する必要があります。

リモートエンジンをペアリングした後でプロキシ設定を変更する必要がある場合は、この手順を開始する前にペアリングを解除し、再インストールして下さい。

手順

  1. リモートエンジンのインストールフォルダーにアクセスします。
  2. HTTPまたはHTTPSプロキシーの値を\etc\system.propertiesファイルに追加します。
    http.proxyHost=<proxyHost>
    http.proxyPort=<proxyPort>
    http.nonProxyHosts=127.0.0.1|localhost
    
    https.proxyHost=<proxyHost>
    https.proxyPort=<proxyPort>
    https.nonProxyHosts=127.0.0.1|localhost
  3. ActiveMQに接続するには、 amq.proxy パラメーターを\etc\org.talend.ipaas.rt.pairing.agent.cfgファイルで定義します。
    • HTTP

      amq.proxy=http
    • HTTPS

      amq.proxy=https

    プロキシー構成パラメーターの値は、\etc\system.propertiesファイルから呼び出されます。

  4. オプション: バージョン2.1以前のリモートエンジンを使用している場合は、ホスト名とポートを入力して amq.proxy を定義する必要があります。

    amq.proxy=<proxyHost>:<proxyPort>

  5. 変更を保存します。
  6. リモートエンジンを起動します。
  7. リモートエンジンをペアリングします。